Home

精神を満たす仕事

作業療法士という資格職が、最近は人気です。
作業で何をどう治療してくれるのかというと、通常のリハビリテーションでは回復させえないものを担当します。
コミュニケーション能力の獲得、また日常動作の獲得などか彼らのミッションです。

作業療法士は、英語に直すとOccupational Therapistとなるため、現場では通称OTなどと言われています。
リハビリには、二種類あります。それは、身体的なものと、心理的なものです。身体的なものは、関節や筋肉などの向上をもって、日常生活に支障が出ないレベルまで引き上げることです。
さらに、心理的な面では、ゲームや趣味などの行動で、心を発散させることを目的としています。

作業療法士の業務の難しいところは、正式な回答がないというところでしょうか。。。
精神的な面で心を発散させる方法は、たしかにテキストめいたことは書いてありますが、要するに患者一人一人にあった方法を模索するしかないということでもあります。
身体的な面で何の不自由がなくなったとしても、精神病の人や、高齢者、障害児は、そのままでは人間らしく生きることができません。
従って、彼らが、心理的な面でサポートすることによって、より日常生活が自然におくれるようにするのです。

もはやリハビリの現場で、作業療法士は引っ張りだこなので、求人が各種施設で増えています。
具体的には、医療施設の求人と、高齢者施設の求人と、精神病病棟の求人などが多いです。

OUT LINK